2020年01月11日

そろそろ出力を増やす人生に、と思ったがまだ勉強たくさんしたいことだらけ。

還暦を迎えて1年たち、人生、半分過ぎてしまった(w)と思うこの頃だが、あとの半分の人生、今までの人生が入力の多い人生だとしたら、その経験を出力せねばならない。
 と書いてから思うのだが、実はまだまだたくさん勉強したい。気分的には、やっと大学に入って、好きなことが色々勉強できるようになったというような気分である。
 とはいえ、こう書くとお前一体いくつなんじゃといわれるかもしれないが、精神年齢は20歳?いや、中2病かもw
いずれにしても、まだまだいろんなことを知り、いろいろ考えて、書いていかないとならないと思う。
 本当の学生時代にもっとそういう時間を取っておくべきだったのか?
 そう言えるかもしれないけれど、学生運動をやっていたことも、酒飲みながら、学問や世の中や人間について語ったことも、決して無駄な時間とは思わない。今の学生たちがそういう時間を持たないことのほうがもったいないと思うくらいである。だから、大学は6年くらいにして、さまざま語り、考え、実践する時間を持つことが必要ではないかと思ったりする。入学するなり学問の厳しさを教えることから始まるが、その後、2年もすると、もう、就職活動がメインになる、というのは、何か大学の基本的な役割が果たされていないような気がする。
 学生時代に、さまざまなことを経験し、語り、考える時間が持てるような教育はできないものだろうか。

今の時代、UFO研究だけでなく、あらゆる分野で、若い人材が育たないといわれているのは、そういう時間が持てるような体制になっていないからではないかと思う。

 世の中の進歩の、一部分だけ礼賛するふりをして、実際には、研究教育をないがしろにしている、人類の進歩に逆行するようなことをしている政財界の権力者たちに、考えを改めてもらいたいものである。
 
posted by UFO教授 at 20:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月10日のつぶやき
































posted by UFO教授 at 01:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする