2018年06月14日

社会科の授業はやめてしまえ。(いくつもの意味で)

 某バンドの歌が、右翼的な歌詞を含んでいて、「さあいざゆかん 日出づる国の御名の下に」とか「御国の御霊」とか、戦前を彷彿とさせる歌詞の連発。あきらかに「君が代」をもとにした軍歌のような歌である。
 ところが、この歌の解釈で、作った人は、何も思想は無いし右も左も無いと言っているこの認識の甘さ。

 さらには、それを擁護するファンなどが、「君」という意味すら誤解していると言うことまで含めて、日本の社会科教育、歴史教育は、全く成果を上げていないと言える。
 成果を上げていないのならやめてしまえ、というと過激に聞こえるかも知れないが、画期的な改善策が無い限りやっても無駄が多い。(少しは意味のあった人も居るかも知れないが、そう言う人は、ほおっておいても自分で勉強する)
 少なくとも、悲惨な戦争を二度と繰り返さないために、どうしたらよいのか、歴史に学ぶ、ということが全く成果を上げていないことは確かである。

 もう、日本史、世界史は、やめてしまい、完全に再編成して第2次大戦前後だけ扱ったらどうかと思う。他の部分は、あとで、勉強したい人がすれば良い。

 そんな時間が有ったら他の勉強に充てたらどうか。

−−−−−−
 法学・政治学も無駄である。

 それを勉強し、優秀な成績で卒業したはずの人々が、国を私物化し、不正の限りをつくし、日本語の解釈まで「閣議決定」で変えてしまう。そのうえ、法律も、歴史も不勉強であることが暴露されている。いったい何のために勉強してきたのか。

 もちろん、法律を勉強して、世のため人のためにやっている人もいるから、ある程度のバランスはとれているが、明らかに、不正を行う人々のほうが影響が大きい。何しろ国政の中核を担う人々が皆そうだから。

 こちらも、全面改革が出来ないのなら、やめてしまえば良い。

 暗記装置としての性能を試す、法律知識の試験なんてナンセンスになってくる。その試験をクリアした人がその後どうなっているのか?

 世のためでも人のためでも無く、自己利益のため、いかに人を支配し、人を騙すために法律を駆使するか、と言うようなことばかりする人を生産するような所は、無くしてしまったほうがよいであろう。

 何らかの改善策は無いのだろうか。
posted by UFO教授 at 00:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: